IFRS Top 20 Tracker

IFRS Top 20 Tracker(Edition 2014) (PDF)

  • ・整合的かつ明確であることの重要性
  • ・開示負担の軽減
  • ・財務諸表の表示
  • ・代替的な業績測定値
  • ・継続企業
  • ・事業セグメント
  • ・減損の評価及び開示
  • ・収益認識
  • ・キャッシュ・フロー計算書
  • ・法人所得税
  • ・株式に基づく報酬契約
  • ・企業結合
  • ・ヘッジ会計
  • ・一連の連結基準
  • ・IFRS第13号「公正価値測定」
  • ・年金コストの会計処理
  • ・IFRIC第21号「賦課金」
  • ・投資企業
  • ・IFRS第9号「金融商品」
  • ・収益認識の開発

IFRS Top 20 Tracker(Edition 2014) (PDF)

IFRS Top 20 Tracker(Edition 2013) (PDF)

  • ・整合的かつ明確であることの重要性
  • ・経済状況と公共支出の削減
  • ・開示負担の軽減
  • ・継続企業
  • ・財務諸表の表示
  • ・収益認識
  • ・キャッシュ・フロー計算書
  • ・企業結合
  • ・減損テスト
  • ・1株当たり利益
  • ・株式に基づく報酬契約
  • ・金融商品:ヘッジ会計
  • ・繰延税金およびその他の規定
  • ・事業セグメント
  • ・純債務額の調整
  • ・連結に関する基準の変更
  • ・投資企業
  • ・詳細が重要
  • ・2013年におけるIFRSの変更
  • ・今度の見通し

IFRS Top 20 Tracker(Edition 2013)(PDF)

IFRS Top 20 Tracker(Edition 2012) (PDF)

  • ・整合的であるために
  • ・経済状況と公共支出の削減
  • ・ユーロ圏のソブリン債務危機
  • ・継続企業
  • ・財務諸表の表示
  • ・収益の認識
  • ・キャッシュ・フロー計算書
  • ・企業結合
  • ・減損テストおよび開示
  • ・資産の処分および非継続事業
  • ・株式報酬契約
  • ・負債か資本か?金融負債の識別
  • ・金融商品の開示
  • ・自己資本の管理に関する開示
  • ・ヘッジ会計
  • ・不要な情報の削除に関する問題
  • ・詳細が重要
  • ・2012年の予定
  • ・2013年の予定
  • ・今後の見通し

IFRS Top 20 Tracker(Edition 2012)(PDF)

IFRS Top 20 Tracker(Edition 2010) (PDF)

  • ・主要問題の注目点
  • ・IAS第1号における財務諸表の表示(2007年改訂)
  • ・主要な判断および見積りの不確実性の原因に関する開示
  • ・継続企業問題
  • ・金融商品:分類および測定の変更
  • ・企業結合の会計処理
  • ・収益
  • ・セグメント情報の開示
  • ・減損テストおよび開示
  • ・金融商品の開示に関する変更
  • ・外貨
  • ・資金調達および関連事項
  • ・割引率
  • ・課税-現在の主要な問題
  • ・株式報酬
  • ・その他従業員給付に関する問題
  • ・自己資本の開示
  • ・IFRSの初度適用企業に対する追加的な免除規定
  • ・2010年以降の主要な変更
  • ・詳細が重要

IFRS Top 20 Tracker(Edition 2010)(PDF)

IFRS Top 20 Tracker(Edition 2009) (PDF)

  • ・IAS1号(財務諸表の表示)-表示上の論点:重要な判断ついて
  • ・IAS1号-表示上の論点:見積りの不確実性の原因となる主要な事項
  • ・現在の経済環境下での継続企業問題
  • ・会計方針-概論
  • ・収益
  • ・割引率
  • ・のれんの減損に関する開示
  • ・固定交換基準-IAS第32号
  • ・金融商品-認識及び測定に関する論点
  • ・金融商品-開示
  • ・連結に関する論点
  • ・法人所得税-信用危機の影響を受ける分野
  • ・株式報酬
  • ・退職給付制度
  • ・外貨換算の問題
  • ・後発事象
  • ・借入費用に関する新基準
  • ・2009年度から適用される主要財務表の変更点(2007年改訂 IAS第1号)
  • ・2009年に行われたその他の重要な基準の変更点
  • ・その他

IFRS Top 20 Tracker(Edition 2009)(PDF)

TOP△